1. HOME
  2. ビジネスブログ
  3. Copilot for Microsoft365で変わる仕事の在り方

Copilot for Microsoft365は、生成AIをより身近なものとして利用できるサービスです。Copilot for Microsoft365により日々の仕事で利用するWordやPowerPoint、Outlook、Teamsなどの利用効率が大きく上がります。

Copilot for Microsoft365というキーワードを聞かれた方でも、具体的にどのような機能が備わっているかまでは知らないという方も多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、Copilot for Microsoft365で具体的にどのようなことが実現できるのか、詳しくご紹介します。

Copilot for Microsoft365(コパイロット)とは何か?

Copilot for Microsoft365は、OpenAI社のGPT-4をベースとした大規模言語モデル(LLM)を、WordやExcel、PowerPointなど仕事で日常的に利用しているOffice製品上で利用できるようにしたものです。Wordで作成する文章のドラフトや、テーマに基づいたPowerPointでの自動スライド生成、返信メールの自動作成など、日々の作業を大きく効率化することができます。

同サービスの発表は、仕事の在り方を大きく変えるものとして話題となりました。2023年11月にローンチされ、現在では既に利用することができるようになっています。

Copilot for Microsoft365は基本的に日本語にも対応しています。なお、本記事執筆時点(2024年2月)ではExcelのみ日本語対応していないので、ご注意ください。

Copilot for Microsoft365が実現できること

以下では、Copilot for Microsoft365ができることを、Office製品ごとに具体的に紹介していきます。

Word

スピーチの原稿などの文章を自動でドラフトします。追加で条件を指定することで、一度作成した文章をブラッシュアップすることもできます。また、フォーマットを指定することでフォーマットに合わせた形式で文章を作成することもできますので、日々の営業日報や依頼文章の作成など様々な利用方法が可能です。

Excel

データの分析を自動で行い、時系列でのトレンドなどを示唆してくれます。グラフ化や集計作業についても、プロンプトを通して好きな軸・分類を指定し、実施することができます。

Teams

後から会議に参加した方に向けて、これまでの議論を要約し、誰が何を言ったかを教えてくれる機能が提供されます。また、会議メンバーがどの様な意見を持っているかや、会議中に何が課題となっているかについてリアルタイムで整理してくれます。これにより、議事録を後から作成して共有するような手間からも解放されます。

PowerPoint

簡単なスクリプトを入力すると、目的に合わせたスライドを自動で生成してくれます。自動生成されたスライドを加工して仕上げるだけでよいため、作業効率が大きく上がります。

スライド上に追加する画像も適切なものをOnedrive中から探して挿入してくれます。もしくは、画像生成AIと連携して自動生成することも可能です。

Wordファイルを読み込ませると、その内容を基にスライドショーを作成してくれるようなことも可能となります。

Outlook

要件や相手先などを指定することで、メール文章を自動生成できます。また、過去のメールスレッド内容を要約することもできますので、これまでの会話を簡単に把握することも可能です。

大量にたまったメールの対処方法として、送られてきたメールの重要度を分析し、優先的に返信すべきメールを教えてくれるような機能も搭載されています。

Whiteboard

ホワイトボード上でテーマに沿ったアイディアの提案を行ってくれます。また、複数人でディスカッションを行った結果を整理し、内容を要約してまとめてくれるようなことも可能です。

OneNote

目的に合わせてプロンプトを入力すると、その目的を実現する上で行うべき作業のリストを作成してくれます。たとえば、契約を締結する際に社内で行うべき手続きなどをリスト化してもらうような利用方法が考えられるでしょう。

このように、Copilot for Microsoft365はあらゆるOffice製品と統合されており、業務の中で自然と利用できるように設計されています。Copilot for Microsoft365は日々の仕事を効率化する有効なツールとなります。

※図表の引用元:
Introducing Microsoft 365 Copilot with Outlook, PowerPoint, Excel, and OneNote
Introducing the Microsoft 365 Copilot Early Access Program and new capabilities in Copilot  

Copilot for Microsoft365の利用方法と価格

Copilot for Microsoft365を利用するためには「①特定のMicrosoft 365ライセンスを契約」したうえで、「②Copilot for Microsoft365を契約する」という2つのステップが必要となります。

①について、Copilot for Microsoft365を利用するためには、以下のライセンスを保有していることが前提となります。

・Microsoft 365 E3もしくはE5のライセンス
・Microsoft 365 Business StandardもしくはMicrosoft 365 Business Premiumライセンス

上記のライセンスを保有しているユーザーは、追加でCopilot for Microsoft365サービスを契約すること委ができます。価格は、1ユーザー当たり年額45,000円です。

※2024年2月時点の情報です

Copilot for Microsoft365は仕事の進め方を変えるツール

Copilot for Microsoft365は業務の生産性を大きく上げるツールとして期待できます。「一から文章や資料を作る」のではなく「Copilotが作成したドラフトをベースに修正を行い、完成させる」という流れで仕事ができるようになり、仕事の進め方を大きく変えるツールとなるでしょう。

日々の業務で利用しているOffice製品上で簡単に生成AIが利用できるメリットは大きいといえます。ご興味のある方は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、Copilot for Microsoft365で実現できることについてご紹介しました。今後も生成AI技術は速いスピードで発展していくと思われます。技術動向を抑えつつ、自社にとって有効な技術を採用していくことで、競争力の強化や収益性の向上などが期待できます。生成AIに関する技術については、継続的にチェックしていくべきでしょう。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

KJ@DXコラム編集長

KJ@DXコラム編集長

エンジニア出身で現在は現在は営業窓口全般を担当しています。 お客様とのファーストタッチのタイミングからスピーディーに技術的な原因とその対応を行います。 DXの取組に興味を持たれたお客様と一緒になってゴールまで走り抜ける経験を2025年まで培っていきたいと思っています。 このコラムで2025年までの軌跡をお客様と作っていければと思っております

関連記事

2022.12.20

ビッグデータとは?データの種類やメリット、活用事例を紹介

近年、情報通信技術の進化によりビッグデータの存在が注目され、政府もデータの重要性と活用を促しています。そこで今回は、ビ…

2023.10.27

企業がクラウドサービスを上手く利用する方法とは 利用しない理由と成功する利用方法

近年、多くの企業がクラウドサービスを利用してDXを促進させています。また、企業だけでなく多くの人にも利用されており、今で…